2006年12月08日

ありがとうthis year.

さてさて、めっきり寒くなって参りました。
すでに通勤にコートは欠かせません。

そんな寒い日々ですが、
9日の夜中は汗かくまで踊りませんか?

ってな感じの煽りももう遅いかな。
ま、今週末(ってか明日)開催です。
オールナイトですので、みなさん睡眠しっかり取ってきてくださいね。


そんな感じで。
今回のテーマは「2006年この1曲・この1枚」だそうな。
今年はスピナスを始めたことと、例年以上に多くのフェスに行ったことで、かなり幅が広がったように思います。

ま、だからと言ってあまりブレがないように。



▼2006年この1曲


やっぱ決めるのなかなか難しいんだけど、iTunes/iPodで今年一番回数聴いたのはこれってことで。


lost rooftops.jpg

Lostprophets / Looftops (A Liberation Broadcast)


英国ウェールズのヒーロー、Lostprophetsの3rd「Liberation Transimission」からの先行シングル。
これはキタね。前作収録の「Last Train Home」よろしく、ミディアムなテンポでくっせー青春染みた歌詞、ダイナミックな演奏とシンガロング。
まさにロックの王道でしょ!ってな感じ。
3rdはヘビー路線からパンク路線に変わって、わりとネガティブな感想が多かったんだけど、やっぱ彼らにはメロが素晴らしいって武器があるからね。

あと、とにかくライブだな。他のバンドにも言えることだけど。
サマソニでこの曲が大合唱になった時は最高だった!!!



▼2006年この1枚


去年の俺からは想像し得なかったこの1枚。


special others.jpg


Special Others / Good Morning


出会いは10月。初めて行った朝霧JAM。テントを立てて、とりあえずなんか見ようと思ったのがスペアザ。
そこで聴いた音はあまりに楽しくて、あまりに優しい音楽でした。
実際、バックにはくっきりと見える富士山、周りは大自然、みたいな環境でさ、アホみたいに踊って、みんなで乾杯してさ。
そりゃ好きになるって。
朝霧から帰ってきた翌日には既発のCD全部買いに行くよ、そりゃ。

っつうわけで、わりと最近な発売ではありますが、これにします。
スペアザの1stフルアルバム。
基本的には今までのミニアルバムから大きく的を外してるわけではなく、楽しい音源がいっぱいなんですが。
特筆すべきはボーカル曲の完成度の高さ。芹澤さんのボーカルもさることながら、インストバンドとは思えないコーラスワークの上手さ!これにはほんとやられた。それに加えて従来のメロディの良さが加われば、そりゃ泣きますよ、踊りますよ。泣き踊りますよ。

やっぱり彼らもライブで見てナンボのバンド。
CDJ1日目に行く人は、一緒に見ましょう!



そんな感じで。
書き始めるまではグダグダしてるくせに、いざ書き出すととりとめもなくダラダラ書いちゃうのは悪い癖ではありますが。
ごめんなさい。

ラストは我らがパーチーメン、ワタベ氏!よろしく!
posted by spinass at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | RAZREZの変質的シャウト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。