2007年01月27日

踊り初めが待ち遠しい。

あけましておめでとうございます。
スピナスの熊先生ことRAZREZです。

いよいよ冬本番ですが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。

私は、先ごろのRage Against The Machineのreunionのニュースに大層発奮しております。
あぁ、コーチェラ行きたいなぁ。


あ、そうそう、今回の意気込みですね。
相変わらずですよw
結構ねぇネタがねぇ無くなってというかねぇ。
まぁあるっちゃああるんですけどねぇ。
スピナス初めて音楽の幅も広がったし、新しいネタも入荷してるんですがね。
どうも出し惜しみしてしまう悪いクセがw
兄弟は姉ちゃんがいて、昔から仲いいんですよね。
だからおかずとかおもちゃの取り合いもなk

なんてことはどうでもよくww

実は自分でもなかなか興味深いセットが出来つつあるので。
それなりにお楽しみに!


で、今年注目のアーティストですよね。
俺からは洋邦1つずつ。


1つ目は。


Enter Shikari


これ。
Arctic MonkeysやClap Your Hands Say Yeahのように、契約なしでmySpaceなんかで人気を博してるんですが。
特筆すべきはそのサウンド。
トランスっぽいレイヴ風の打ち込みの上にメタルサウンド被せるという。
アホだろwwwwwww
いやでも、めちゃめちゃカッコイイんだわ。
割とエモっぽいメロディもあり、デス声あり。でも踊れるっつう。
ライブも相当すごいことになってて。何故か客がフロアで組体のピラミッドを作って、そこにメンバーがダイブするとか。どんなだよwww
しかし、アルバム発売前にも関わらず、UKのアストリアという2000人規模のホールをソールドアウトにするのは、アークティックでさえできてないんだよな。
これは、間違いなく来るよ。


2つめは日本人。

ala


アーラって読みます。
Sax2人を含む7人組。
サックスがいるってことで、とっても軽やかに跳ね回るリズム。
the band apartにも通じるアーバンなメロディとヴァイヴ。
現行のジャパン系ロックが好きな人なら絶対好きになるよ。
そして何よりもライブ!!!
100%陽性なライブは踊らずにはいられない!!
今年のジャパン系のフェスの目玉になると思うよ。



と、俺のヨタ話なんかどうでもよく。


いよいよ明日!Spin ASS Vol.6!!
07年ファーストダンス!!!

さぁ、みんな遊ぼうぜ!!!
posted by spinass at 14:05| Comment(0) | TrackBack(0) | RAZREZの変質的シャウト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月08日

ありがとうthis year.

さてさて、めっきり寒くなって参りました。
すでに通勤にコートは欠かせません。

そんな寒い日々ですが、
9日の夜中は汗かくまで踊りませんか?

ってな感じの煽りももう遅いかな。
ま、今週末(ってか明日)開催です。
オールナイトですので、みなさん睡眠しっかり取ってきてくださいね。


そんな感じで。
今回のテーマは「2006年この1曲・この1枚」だそうな。
今年はスピナスを始めたことと、例年以上に多くのフェスに行ったことで、かなり幅が広がったように思います。

ま、だからと言ってあまりブレがないように。



▼2006年この1曲


やっぱ決めるのなかなか難しいんだけど、iTunes/iPodで今年一番回数聴いたのはこれってことで。


lost rooftops.jpg

Lostprophets / Looftops (A Liberation Broadcast)


英国ウェールズのヒーロー、Lostprophetsの3rd「Liberation Transimission」からの先行シングル。
これはキタね。前作収録の「Last Train Home」よろしく、ミディアムなテンポでくっせー青春染みた歌詞、ダイナミックな演奏とシンガロング。
まさにロックの王道でしょ!ってな感じ。
3rdはヘビー路線からパンク路線に変わって、わりとネガティブな感想が多かったんだけど、やっぱ彼らにはメロが素晴らしいって武器があるからね。

あと、とにかくライブだな。他のバンドにも言えることだけど。
サマソニでこの曲が大合唱になった時は最高だった!!!



▼2006年この1枚


去年の俺からは想像し得なかったこの1枚。


special others.jpg


Special Others / Good Morning


出会いは10月。初めて行った朝霧JAM。テントを立てて、とりあえずなんか見ようと思ったのがスペアザ。
そこで聴いた音はあまりに楽しくて、あまりに優しい音楽でした。
実際、バックにはくっきりと見える富士山、周りは大自然、みたいな環境でさ、アホみたいに踊って、みんなで乾杯してさ。
そりゃ好きになるって。
朝霧から帰ってきた翌日には既発のCD全部買いに行くよ、そりゃ。

っつうわけで、わりと最近な発売ではありますが、これにします。
スペアザの1stフルアルバム。
基本的には今までのミニアルバムから大きく的を外してるわけではなく、楽しい音源がいっぱいなんですが。
特筆すべきはボーカル曲の完成度の高さ。芹澤さんのボーカルもさることながら、インストバンドとは思えないコーラスワークの上手さ!これにはほんとやられた。それに加えて従来のメロディの良さが加われば、そりゃ泣きますよ、踊りますよ。泣き踊りますよ。

やっぱり彼らもライブで見てナンボのバンド。
CDJ1日目に行く人は、一緒に見ましょう!



そんな感じで。
書き始めるまではグダグダしてるくせに、いざ書き出すととりとめもなくダラダラ書いちゃうのは悪い癖ではありますが。
ごめんなさい。

ラストは我らがパーチーメン、ワタベ氏!よろしく!
posted by spinass at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | RAZREZの変質的シャウト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月02日

90年代〜童貞時代は音吸収率が高い

濃い話、と言われましてもねぇ。
スピナス一、存在感の薄い俺ですから。
まぁなかなか。

で、今回Vol.4はthe 90s issueというこで、90年代に迷い込んで泣けと。おっしゃってます。


「90年代の思い出(音楽編)」


俺にとっての90年代はまさしく洋楽との出会いでした。
高1の冬、友達のMDに入っていたJamiroquaiAlanis Morissetteに衝撃を受けまして。その日の帰宅後、即効で買いに行ったのを覚えてます。
更に、高2の夏ごろに、実家にCATVが入ってからというもの、毎日食い入るようにMTVをチェックしていましたね。
毎週の洋楽チャートを紙に書き起こしたりもしてました。

やはり高校時代に聴いていたアーティストは今でも好きだったりします。
(俺が生涯聴き続けると誓ったのはWu-Tang Clanというヒップホップグループなんですが、これはスピナスメンバーにさえ理解してもらえないと思うで、それはまた別のお話)


その中でも一番衝撃が強く、俺の青春地雷を化しているのが、

Smashing Pumpkins

というバンド。


sp1.jpg

長身でスキンヘッドのハイトーンボイスのボーカル、日系人のギタリスト、ゴスい格好をした女性べーシスト、凄腕ながらドラッグで一度クビになったドラマー、と個性的すぎるメンバーが紡ぐ極上のロック。
同世代のニルヴァーナがグランジの帝王なら、スマパンはオルタナの伝説。
うん、まさに。
まさに虜にされましたね。

特に2枚組みの大傑作である「Mellon Collie And The Infinite Sadness」。これが凄すぎて。
高2の時にベルギーでホームステイをしてたんだけど、ホストブラザーと長く語ってた記憶があるなw

ゴスっぽいイメージで爆音を撒き散らす「Zero」や「Bullet With Butterfly Wings」、フォーキーで優しく歌いかける「1979」、そして"Inmpossible is possible tonight"というロック史上最高の名言を残した「Tonight, tonight」など、全30曲にも及ぶ名盤が俺のその後の音楽観に及ぼした影響は計り知れません。

2000年にメンバーの不和で解散したときに本気で涙したことは言うまでもありませんね。

実際、今のロック界はポスト・ロックとかポスト・パンクとかポスト・ハードコアとか、もう何でもポストをつけりゃいいって感じじゃないですか。まぁ、俺もそういうのん好きなんですけどね。
でも、オルタナティブ=主流ではない、型にはまらないという、ある意味ロックの精神に一番則っている形態、オルタナティブ・ロックを地で行ったスマパンの成し遂げたとことは余りにでかく、多感な高校生の俺が受けた影響がデカすぎたわけですよ。

そんな彼らですが、今年ついに再結成を発表!現在レコーディング中とのこと。
再結成のメンバーはまだ発表されてませんが、恐らくオリジナルメンバーが全員揃うことはないと思います。
それでもやっぱり、Smashing Pumpkinsというバンドが蘇ることを素直に喜んでます。

来年のサマソニあたりに出てくれればなぁ、なんて淡い期待を込めつつww


あ、でも洋楽だけじゃなく、ちゃんと邦楽も聴いてましたよ?

ちなみに俺が初めて行ったコンサートは

JUDY AND MARY

jam.jpg

高2の夏だったかな。アルバム「The Power Source」のツアー最終日、阪神甲子園球場でした。
当日は雨がずっと降ってたんだけど、ステージが始まった途端にパタっと止みました。神懸った何かを感じました・・・

アリーナの後ろの方だったんだけど、その時の俺の最大のアイドル、YUKIちゃんがあまりに可愛くて。

他にも甲子園ってことで六甲おろしを歌ったり、TAKUYAの誕生日が近いってことでみんなでハッピーバースデーを歌ったり。

さらには当時発売前、出来立てホヤホヤの「Lover Soul」を歌いながら泣いているYUKIちゃんに胸キュンしたり。
この当時のJAMは本当に俺にとってのポップ・アイコンでした。


しかし初めて行ったライブって、鮮明に覚えてるもんなんですね。



うーん、なんか書き出したらもっと書きたくなるなw
BjorkとかAlanis Morissetteとか、はたまたhideLUNA SEAとか。
このあたりヒットする人はサシで話ししましょうw


とまぁ、俺の地雷原はさっさと抜け出して。

次はごんた君に熱く、暑苦しく語ってもらいましょうか。
posted by spinass at 18:18| Comment(0) | TrackBack(1) | RAZREZの変質的シャウト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月28日

頼りない4番打者

三茶っていい街だよなぁ、ってつくづく思うよ。
いつか住みたいわ。
と、いつも帰りに思う。疲労感とともに達成感で。
っつうか、一緒に騒いで酒を交わした仲間と歩いてるからだと思うんだ。

とか言う、ちょっとキザなことをいつか書きたいと思ってました。


とりあえず数日前までは相当テンパってんだけどw

そんなテンパり具合がわかる今日のエントリー。
オチがねぇよww


(1)今夏参加したフェス

Rock in JAPAN (3日目のみ)
Summer Sonic (両日)
Hyde Park Music Festibal (両日)

そんなつもりではなかったのに、気がついたら参加してたRIJ。
良くも悪くもいつも通り楽しかったサマソニ。
そして何より。
大自然で美しい音楽を堪能できたHMF。

いやぁ、今年はホントに濃い夏でしたばい。


(2)今夏・ベストアクト/Dj、ソング

ぶっちゃけですな、未だに夢から覚めないんですよ。
Flaming Lipsに見せられた夢に。
なんだろうね、あの幸福感。
俺が着てたリップスTシャツに書いてありましたよ。
「幸せだと泣きたくなる」
幸せで泣きました。
まぁ、ステージの内容はなかなか言葉で表現できないので、あえて言いません。

それよりもですね、HMFで見た。
ポーク・クルセダーズ!!!
そうです、あのフォーク・クルセダーズですよ、お母ちゃん。
いや、実際お母ちゃんに電話したら本気で羨ましがられてw
何度か単発で再結成してるのは知ってたけど、まさか自分の目で見れるなんて・・・
北山修さんは現在、精神科医として、国立大学教授として働いてらっしゃるので、いわば公務員。他の仕事しちゃいけないんですよ。だからこういう場に出てくるってことが本当に珍しいことで。

ステージ内容も感激の一言。
助っ人のアルフィー・坂崎が「花の香りに」をソロで歌ったり。
あの「帰ってきたヨッパライ」がボサノバアレンジですよ?ありえないよ。
「悲しくてやりきれない」「イムジン河」「あの素晴らしい愛をもう一度」と、まさに日本歌謡界に燦然と輝く名曲のメドレーですよ?
感動しないわけないじゃないですか。

来年も絶対に行くよ、ハイドパーク。


(3)SpinASSvol.3への意気込みを!

今回は初トリですが、相変わらずマイペースにヘビーロックぶちかますんでよろしく。


ところで、なんの脈絡のない話をしますが。
俺、洋楽厨なので、あまり日本のバンドを知らないんですが、唯一インディーズ時代から応援してるバンドがあります。

FREE NOTE

って言うんですけどね。(あえてリンクは貼らない)
彼ら、なんと大学が同じでしかも同学年なんですよ。
大学の近くのレコード屋でもかなりプッシュしてたなぁ。

清涼感溢れる秦千香子ちゃんのボーカルがとっても印象的で。
あの岡村ちゃんが曲提供したり、シャカゾンビのツッチーやCKBのホーンズ隊がレコーディングに参加したり。実力も折り紙つき。

いや、ホントいいんでチェックしてみてくださいね。

うん?あぁ、
なんの脈絡もないですよ?
posted by spinass at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | RAZREZの変質的シャウト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月17日

スピナス!男塾

日本男児の生き様は 色なし恋なし情けあり

男の道をひたすらに 歩みて明日を魁る

嗚呼男塾 男意気 己の道を魁よ



とまぁ、魁てるんです。酒が切れてるんです。
名曲ですね。
スピナスでかけたいんです!!熱い漢ならみな号泣!!




さて、そんなおとこj
スピナスですが、しつこく言うと今週日曜です。
民明書房から引っ張れば「須火拿棲」でもなりましょうか。
我々もあーでもない、こーでもないとセットリスト作成に日々精進しております。

そんなわし、スピナスの独眼鉄ことRAZREZの今回のテーマは

Remember last summer

熱かった、暑かった去年の夏。
紫外線をたっぷり浴びて聴いた、ムンムンとした室内で踊り狂ったアノ曲。
一度思い出せば、自然と汗が滲んでくるような選曲を多数搭載しております。


ここんとこ天気もよろしくないし、なんとなく5月病?みたいな感じな人も多いんじゃないでしょうか。>俺もそう。

じゃあアレだ、大音量のラウドビートと素敵なラプソディで嫌な気分も吹き飛ばせばいいじゃない!男塾に入学しちゃえばいいじゃない!

もちろん女子だって入塾可能!なんなら女性教官としても採用しまっせ!
軟弱な男どもにロック魂を注入して、立派なパーティ野郎にしてやってください!

入塾届は三軒茶屋Chromeに置いてあるから各自取りに来るように!!

押忍!!!


posted by spinass at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | RAZREZの変質的シャウト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月06日

フェスとDJと俺。

どうも。ブログ更新サボりすぎました。
こんなにサボっちゃうと「次のお前の持ち時間は5分だ!」とか他のメンバーに言われそうです。
5分でも俺はやり遂げる自信あるけどな!(イントロメドレーで)。

そんなこんなで、先週末にフェスに行って参りました。
PUNKSPRINGSPRINGROOVE

日本発の「パンク縛り」「HIPHOP、REGGAE、R&B縛り」のフェスってことらしいです。
まー楽しけりゃなんでもいいんですけど。

フェス自体の感想等は某所の俺の日記とか2chを参考にすればいいと思うんで。
ここはSpinASSブログ。DJについて書きましょう。

サマソニやRIJF等でおなじみにHMVダンステント。
この両フェスにもありました。

パンスプのDJは正直よく知らないんですが、The Offspring「Pretty fly」やRancid「Ruby Soho」、Sex Pistols「Anacy In The UK」等々、フェスにちなんで新旧のぶっとびパンクチューンがかかりまくってました。

ちなみにこのDJブース、飲食フロアのど真ん中にありまして。DJブースの前に人だかり、その周りにご飯を持った人たちが溢れて、それはそれは奇妙な光景だったんですが。

スプグルの方はと申しますと、Large Proffecerなんて超BIGでVIPなDJまで参加してまして。DJで来てんのに自分でマイク握ってタンテの前でラップしちゃう始末。
特筆すべきはRymesterのDJ Jin。っていうか同歌丸。
Jinの後ろでうろうろしてはラップしたりアジったり。
まるでスピナスのワタベ君を見てるようでした。


そもそもDJなんて、とりあえず曲かけとけばいいんじゃね?なんて思ってる人も多いかもしれません。
実際、俺もそうでした。

しかし、これなかなか難しいんです。
選曲にめっちゃ頭悩ませて禿げそうになります。
「かけて盛り上がらなかったどうしよう」なんて弱気の自分に出会えます。
(人の曲なのに失礼ですね!)

でも実際はそんなのは杞憂で、そこは音楽好きのお客様方(これを読んでるアナタ達です!)、例え知らない曲であってもアホみたいに踊ってくれるんですよね。
そんな時に「かけてよかった!俺の選曲は間違ってなかった!」なんてちょっと悦れるわけなんです。

プロのDJもきっとそうなんでしょうね。もちろん慣れや場数ってのもあるでしょうが。初めてスピンする曲なんかでは、やっぱりどんな反応があるかドキドキしてるんだと思います。
そんでテンション上がって、自分で歌ったり叫んだりしちゃうんだろうな。


そうゆうわけで、
俺たちSpin ASSの目標は!
サマソニやRIJFのダンステントでスピンすること!!
10年、いや5年のうちに!
夢はデカい方がいいんです。Big mouth like KAMEDA brothers!!

5年後には幕張もしくはひたちなかで会いましょう。
4人揃って赤いつなぎ着て待ってますよー!!


あー言い過ぎた。
posted by spinass at 19:25| Comment(1) | TrackBack(0) | RAZREZの変質的シャウト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月29日

Who is RAZREZ?

みなさん初めまして。そして始めましたSpin ASS!!

とりあえず自己紹介しますと、埼玉在住の25歳、中身も外見も変態な阿呆です。
iwahori君、ワタベ君とは桃園、もといサマソニの誓いにて義兄弟の契りを結びました。と、勝手に思ってます。

無趣味な俺ですが、音楽に対する情熱だけはわりとあります。楽器もできないのに、やたらウンチクを語る、いわば素人評論家みたいなタチの悪いアレなんですが、タワレコのポイントカードを年間に4枚はコンプするくらいのハイペースでCDを買ったりしてます。

その中でも得意技は、ヘヴィーロック、オルタナロック、スクリーモ、パンク、UKロック、HIP-HOP、他に偏ってはいますがテクノやジャズなんかも聴きつつ、あややとか日本の女性ポップなんかが大好きです。

特にスクリーモが最近の好物みたいですよ。
血反吐が出るくらい叫び狂いつつ、胸キュンのメロディに涙してみてください。

とまぁ、特に語るトピックもないようなつまらん男ですが、
とにかく阿呆なので、踊るります。見てるだけじゃつまらんのです。
なのでみなさんも踊って下さい。一緒に阿呆になりましょう。

posted by spinass at 11:37| Comment(3) | TrackBack(0) | RAZREZの変質的シャウト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。